プロミスは借りるとヤバいのか?体験談を検索してみた

お金を出資してくれる金融機関は数多くありますが大きく分けると銀行とノンバンクの2種類に分けることができます。

一般的にノンバンクと呼ばれているものは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社などがノンバンクと呼ばれます。

クレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え主な業務で利用限度枠内でプロミスの借りやすいキャッシングサービスの提供も行っています。

一方、消費者金融プロミスとは貸金業専門の金融機関となり限度枠内なら何度でも借入と返済が可能です。

銀行と消費者金融の違いは業務内容です。

銀行は金融以外にも為替や保険など多岐にわたり様々な商品を取り扱っています。

お金を出資してもらうことができる金融機関には銀行の他にも、消費者金融プロミスやクレジットカードなどがあります。

金融機関というのは利子を付けて返済してもらう事で利益を獲得しています。

消費者金融と銀行の金利を比較してみると消費者金融の金利の方が高いことが多いと思います。

ただし、中には消費者金融よりも金利が高く設定されている銀行カードローンもありますので消費者金融各社の借入れ条件やデータを比較したい場合ネットにまとめられているランキングサイトを見れば一覧することが可能です。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているサイトもありますし、一覧表にして分かりやすく表示しているサイトもあります。

各消費者金融についておすすめポイントなどを記載し紹介しているサイトもあるので消費者金融プロミスに詳しくなくても、簡単に比較することができますので非常に便利です。

更にランキングサイトには公式サイトへのリンクを貼っていることがほとんどなので比較したらすぐに申し込みの手続きをすることができるのです。

また、ランキングサイトの中には、審査に申し込む時の記入方法がわかりやすく記載されていたり、審査をクリアするためのコツを教えてくれるサイトもありますので、積極的に利用することをお勧めします。

人気が高い金融機関の理由は低金利で審査が早いといった理由があげられます。

しかしながら、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で個性が出しにくく借入限度額に関しても、借り手によって左右されるので大きな要因にはなり得ないと思われます。

人気ランキング上位のデータ比較してみてもどの消費者金融も審査時間は最短30分、融資されるまで最短60分、最大金利は18.0%程度なので大きな差はありません。

条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや自動契約機があること、提携ATMが多いことがランキング上位の条件のようです。

そのほかには、CMで起用されるタレントさんやCMから伝わる企業イメージというのも大きく影響しています。

消費者金融は貸金業と言う法律で規制されていますから銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

貸金業法と銀行法の最も大きな違いは貸金業法には総量規制があることです。

総量規制というのは、年収の三分の一を超える金額の融資を禁じているものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融に申し込んでも仮審査の段階で落とされてしまいます。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制がありません。

専業主婦の方でも利用することができます。

消費者金融のプロミスのキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高いと言われています。

消費者金融のプロミスのキャッシングの利は3.0%から18.0%が平均なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円という業者が多いですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1 200万円まで借り入れることが可能です。

反面、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のプロミスのキャッシングの場合は事業用資金に使用できることが多いです。

又、銀行カードローンは同行に口座を開設するなどの条件が付加されたりしますが、消費者金融の場合は預金機能がないので、口座開設などといった条件が付随することもありません。

消費者金融プロミスは銀行に比べてお金を借りやすくほんの数年前までは、簡単な手続きで融資を受けることが可能でした。

参考:プロミス借りたらヤバい?お金借りるには【借りた私の口コミ】

その当時は、現在のように法整備が整っていなかったため規定の金利よりも高金利でローンを組んでしまったという人がたくさんいました。

これが、いわゆる過払い金というもので現在の規定で計算して多く払い過ぎた金利分を意味します。

払い過ぎた金利は返還してもらうことができますが過払い金を戻してもらうには期限が設けられているので注意が必要です。

完済した日から10年経過すると時効になってしまい過払い金の請求権を失いますから心当たりがある人は過払い金請求に詳しい法律相談事務所に相談することが大切です。

わりと簡単に借入可能と言われているのが消費者金融ですがその審査能力は目を見張るものがあります。

審査基準が高いというイメージが強い銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者なのです。

貸金業法改正により大口融資が不可となった消費者金融業者の大多数は銀行の金融業務に関する保証会社となることで銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは銀行の方が能力が高そうと思うかもしれませんが審査に関しては圧倒的に消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務では業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業とする消費者金融プロミスの方が、与信審査の専門性が格段に高いと言えます。

昨今の消費者金融プロミス業界は法律の改正やCM効果によって年々、ブラック企業というイメージは払拭されつつあります。

最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなので消費者金融業界について業務内容や労働条件をみていくことにしましょう。

まず業務内容についてですが債務者の個人データをパソコンに入力し、返済遅延者に電話やメールで督促知らせを出すという業務があります。

就職するにあたり、必須の資格ではありませんが責任者に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得する必要があります。

肝心の年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などの成果を上げるとボーナスという形で評価されます。

消費者金融は借りる時は簡単だけれど返済が遅れたら取り立てが凄いというイメージを持つ人は多いと思います。

数十年前は、法律を無視した怖いお兄さんによる強引な取り立てが多かったのですが近年は消費者金融も法律を守るように改善されたので、そのようなことはありません。

金利は銀行カードローンと比べると若干高いのは否めませんが提携ATMの数は銀行よりも多いです。

そのため、借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行える上にATM手数料が無料だったりするので、銀行カードローンよりも使い勝手が便利です。

また、レディースローンを用意している消費者金融プロミスもたくさんあるので女性でも安心して相談や申し込みをすることができます。