洗顔石鹸アロエ配合のってどうかな?

アロエは、昔から民間療法に数多く使われてきました。
アロエの葉の中のムコ多糖体という成分が、私たちのからだにさまざまな効果をもたらすといわれています。
そのまま食べるなど、服用することで得られるアロエの効果には、便秘や二日酔い、冷え性改善などがあります。
また、アロエを皮膚に塗ることで、火傷や切り傷、湿疹、しもやけなど、さまざまな肌トラブルにも効果があるといわれています。
そして、美容面においても、美肌を保つ効果があるといわれ、さまざまな化粧品が商品化され、販売されています。
まず、美肌効果としてあげられるのが美白効果です。
メラニン色素の生成を抑える働きをするといわれおり、紫外線対策にも効果があります。
お肌や毛穴の引き締め作用、保湿効果も高く、みずみずしく弾力性のあるお肌を保ちます。
また、細胞の新陳代謝を促す効果もあるといわれ、しみやくすみの予防に役立ちます。
お肌の再生能力はニキビ跡などの改善にも効果が期待されます。
こんなふうに効能をあげてみると、アロエの持っている成分はお肌にとっていいことばかり。
一説によると、クレオパトラの美肌はアロエの効能によるものだとか。
なんだか真実味のある話に思えてきますね。
アロエを使ってつくられた石鹸のひとつに、「宮古島/アロエのうるおい石鹸」があります。
宮古島は、国内でもアロエベラ有数の産地。
温暖な気候を生かして、宮古島ではアロエベラを温室栽培ではなく、屋外で育てることができます。
太陽の光をたくさん浴びたアロエベラは、光合成をくり返し、たっぷりと栄養分を蓄えます。
その結果、とても品質のよいアロエベラが育つとされているのです。
その宮古島産アロエベラと国産馬油を使用してつくられたのが、この石鹸です。
アロエベラ成分の配合率が約10%ととても高く、しっとりとした潤い感となっています。
「あろえの森/泡粘石鹸」は、自社農園で栽培した国産有機アロエを原料に使用してつくられました。
弾力のある泡が人気のようです。
「ナナローブ/ソープブライトシフォン」は、朝用の石鹸として販売されています。
寝ている間に肌に付着した汚れを、やさしく洗い流してくれる石鹸となっています。
アロエ成分のほかには、スクワランやアルガンオイルなど保湿成分が配合されています。
「ザフェイスショップ/ネイチャーガーデンクレンジングバー(カーミングアロエ)」は、韓国産の手作り石鹸です。
ヤシの木とココヤシから絞り出された高品質の植物オイルをベースにしてつくられており、敏感肌にも効果があるとされています。
「VIDA/クレンジングバームアロエ」は、ニキビや毛穴の気になる方にもおすすめの石鹸です。