パソコン周辺機器とはなにか

【パソコンに周辺機器にはどんなものがあるのか】そもそも周辺機器とは何かといえば、電子製品の本体にケーブルなどで接続して使うハードウェアのことです。
ではパソコンの周辺機器にはどんなものがあるかといえば、①外付けのキーボード。
②マウス。
③プリンター。
④外付け記憶装置、などがあります。
こうした周辺機器は本体の外部に接続するものを指すことが多く、それに対して自作の組立パソコンなどで本体内部に装着するものはパーツ(PCパーツ)と呼ばれる場合が多いようです。
でも周辺機器と本体の一部を線引きする基準が明確に決められているわけではなく、曖昧さが残されているのも事実です。
なおパソコンの周辺機器の区分は次のようになります。
<補助記憶装置>。
<入力装置>。
<出力装置(ディスプレイ、プリンター)>。
<その他の機器(ネットワーク機器、各種ケーブル)>。
激安パソコンショップどこがおすすめ?中古・自作【比較ランキング】