白衣の天使はハードワーク?好条件の職場へ転職が多い?

看護師がどんな風に思われているかというと、白衣の天使という呼称があるほど、往々にして、好印象を持つ人が大半でしょう。
しかしながら、実際の看護師の働き方を見てみると、収入面ではそう悪くはないとはいえ、夜間勤務や、長時間残業で大変な思いをしながら働いている看護師というのも少なからず存在しているのです。
たしかにいい点もたくさんありますが、それだけではなく、本当のところ、看護師の労働環境がいかなるものか、正しく理解することが重要です。
シフトを組んだ交代制勤務などで看護師の仕事は大変ハードでも、中でも気を抜けないのが、申し送りの仕事でしょう。
入院している患者に関する情報をしっかり覚え、きちんと交代する看護師に伝える必要があります。
簡単な伝言で済むレベルのものも少なくないですが、症状に対する重要な処置の方法などに関しては安易な気持ちで申し送りできないものです。
ドラマのようには上手くはいかないのが看護師の仕事です。
ハードな通常業務だけでなく、終業時間を超えても業務が残っていることが多く、残業を強いられることがままあります。
しかし、いかに多忙で、疲労困憊でも、笑顔で患者さんやご家族とは接しています。
少し前まで愚痴を言っていたような人が打って変わって笑顔になるのです。
看護師はさながら女優だなと感じます。
看護という業務は多岐にわたります。
通常、医師の診療がスムーズに行えるようなサポートするのが主な業務の内容ですが、また、患者さんのお世話やお手伝いなどがあるでしょう。
外来、入院病棟のどちらなのかによって、仕事の内容がかなり異なるでしょう。
外来のほうが入院病棟の方が仕事量が少ないので、大きなストレスとなるでしょう。

看護師求人じっくり選ぶなら?【失敗しない転職先探しのコツ解説】